「ドロッセルマイヤーさんのさんぽ神」でさんぽをもっと楽しくしよう

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

やっはろー。まっちゃ (@animistz) です。

普段ボードゲームを買うことは全然ないのですが、ふとネットの記事で見つけた「ドロッセルマイヤーさんのさんぽ神」(以下さんぽ神)というゲームを見つけ、その謎の魅力に吸い寄せられ、すぐに購入してしまいました。

さんぽ神は、まるで英単語帳のような形をしているので、お出かけのときも手軽に持ち出すことができます。

本記事では、そんなゆるゲー「さんぽ神」を実際に遊んでみて、その魅力とオススメする人について解説しています。

開封

さんぽ神のカバーには、散歩の神様「ドロッセルマイヤーさん」とみられる神(?)と彼のペット(?)の犬を連れたイラストが描かれています。

散歩にちなんでなのか、犬にしっかりリードがつけられていますね。

まっちゃ
まっちゃ

こういう小型の本のことを豆本というらしいです。

本体サイズは幅7.5cm、高さ5cm、厚さ2.3cmと、小さいバッグにも入るくらいのコンパクトサイズです。おでかけの時にも手軽に持ち歩けますね。

裏面には「明日は なにしに でかけよう?」というキャッチフレーズと、さんぽ神の概要が記されています。

本の小口部分にはこのゲームのキモとなる「どこで」「なにをする」の文字が印刷されています。

「どこで」の上と「なにをする」の下に緑色の帯があって、それぞれのページ範囲がわかりやすくなっていますね。

まっちゃ
まっちゃ

どうして1936種類なんだ?と思っていました。50ページと書いてあったので、50 x 50 = 2,500種類だと思っていたのですが、よくよく数えてみると、「どこで」が44種類、「なにをする」が44種類の44 x 44 = 1,936種類ということでした。

ドロッセルマイヤーさんのさんぽ神とは?

ドロッセルマイヤーさんのさんぽ神とは、ドロッセルマイヤーズが販売しているオリジナルのゲームです。

ゲームはゲームでも、難しいルールはいっさいなくて、どんな年代のどんな人でも簡単に始められるゆるいゲーム「ゆるゲー」です。

ルールは簡単。さんぽ神をパラパラとめくり「どこで」と「なにをする」というさんぽ神のお告げに従って実際にさんぽするだけです。

「緑の多い場所で」「やたらと怖がってみよう」

「西へ向かって歩いて」「定食を食べよう」

「タクシーで前の車を10分間追ってもらって」「むかし流行ったことをしてみよう」

商品名ドロッセルマイヤーさんのさんぽ神
ゲームデザイン渡辺範明(ドロッセルマイヤーズ)(Facebook)
グラフィックデザインTANSAN (@TANSANFABRIK)
イラストレーションU井T吾 (@it_ui)
シリーズアートディレクション宇佐美詠子 (@ecoluno)
プロデュース渡辺範明(ドロッセルマイヤーズ)(Facebook)
散歩アドバイザーサンポー編集部 (sanpoo.jp)
翻訳Nathan Hunley
印刷株式会社プリントマウス (print-mouse.com)
スペシャルサンクス(敬称略)高野政所、真城七子、新庄祐馬、雛子、色、テストプレイに協力してくれた皆様
販売元株式会社ドロッセルマイヤー商會 (drosselmeyers.com)
Xアカウントドロッセルマイヤーズ (@Drosselmeyers_)

遊び方

基本の遊び方

  1. さんぽ神を持って外にでかけます。
    複数人で一緒に遊ぶこともできます。
  2. まず、本の前半50ページから、どこか1ページを適当に開き、読みます。前半50ページには「どこで」が書かれています。
  3. 次に、本の後半50ページからどこか1ページを適当に開き、読みます。後半50ページには「なにをする」が書かれています。
  4. この「どこで」と「なにをする」の組み合わせが、今回あなたにさんぽ神から与えられた「おつげ」です。
  5. この「おつげ」に従って散歩をすると、良いことがあるかもしれません。(ないこともあります。)
  6. 気分がのらなかったり実現の厳しそうな「おつげ」は、ページをめくり直しても構いません。

おすすめの遊び方(バリエーションルール)

  • 散歩の様子をSNSなどで実況する。(#さんぽ神
  • 離れたところにいる友達と同時に同じ「おつげ」に従って散歩し、それぞれの経過を報告しあう。
  • あらかじめ次の休日の「おつげ」をもらっておき、いろいろ考えながら当日を迎える。
  • 2人で散歩するとき、1人が「どこで」もう1人が「なにをする」をそれぞれ自由に選ぶ。
  • 「おつげ」を達成するごとに新しくページをめくり、1日に何個もの「おつげ」をハシゴする。

安全、公共マナー、プライバシーなどには十分注意しましょう。

実際に遊んでみた

さっそく休日にさんぽ神を遊んでみました。

この日はヒゲの脱毛で渋谷を訪れていたので、渋谷付近か渋谷から電車で30分くらいで行ける範囲くらいで散歩しようかな〜とか考えながら施術を受けていました。

施術が終わったあと、先日たまたま当たったスターバックスの当たりレシートを使うために、近くのスターバックスを訪れました。

このスタバの当たりレシート(CVクーポンというらしい)でアイスのスターバックスラテと、クッキー&クリームドーナツを満喫しながら今日の「おつげ」を受けとります。

まっちゃ
まっちゃ

クーポンを使ったので、代金はドーナツの290円だけ。スタバにしてはかなり安価で過ごせました。

さて、そんな今日のお告げは…

「新」がつく地名のところで

犬や猫を探そう

これらのお告げを合わせると

「新」がつく地名のところで、犬や猫を探そう

「新」がつくところは、新宿や新橋があるので割と簡単だと思いながらも、行ったことがある場所に行くのはイマイチおもしろくないと考え、Google Mapsで適当に「新」がつく地名を探して決めたのが「新富町」でした。

新富(しんとみ)は、東京都中央区の地名で、旧京橋区に当たる京橋地域内である。現行行政地名は新富一丁目および新富二丁目。郵便番号は104-0041。

Wikipedia

オフィスが多数立ち並ぶ街ということもあり、この場所を訪れた土曜日の人通りはとても少なく、閑散としていました。

はたして、こんな東京のど真ん中のような場所で、犬や猫を見つけることはできるのでしょうか。

いました。

15分ほど散歩していると、民家の窓からスヤスヤ眠っているネコを発見しました。

僕の接近に気づいてしまったのか、目を覚ましてしまいました(ゴメンナサイ)

こんな都心で猫や犬を見つけるのは難しいと思っていましたが、案外あっさり見つかりましたね。

これでおつげの達成完了です。

ドロッセルマイヤーさんのさんぽ神はこんな人にオススメ

ドロッセルマイヤーさんのさんぽ神はこんな人にオススメです。

  • さんぽが好きな人
  • さんぽに目的が欲しい人
  • 知らない場所で訪れる理由が欲しい人

スマートフォンアプリという形ではなく、豆本になっているというのがこのゲームのキモです。

スマホばかり触っている生活から少し離れて散歩してみて、行ったことがない場所や、やったことがないことに、さんぽ神を通して挑戦してみてはどうですか?

VTuber月ノ美兎さんが企画で使用

にじさんじ所属のVTuber、委員長こと月ノ美兎さんが、企画でドロッセルマイヤーさんのさんぽ神を使用した動画を投稿しました。

これによってさんぽ神の知名度が一気に上がったのではないでしょうか。

ドロッセルマイヤーって誰?

さて、ここまで本記事を読んでくださったあなた。本当にありがとうございます。

ドロッセルマイヤーさんのさんぽ道というゲーム名を聞いて、きっと1度はこう疑問をいだいたのではないでしょうか?

ドロッセルマイヤーさんって誰?

ドロッセルマイヤーは、「くるみ割り人形 ピーターライト版」に登場する、クララのおじさんの名前です。

彼はおもちゃや時計を作る職人であり、時空を超越する魔術師でもありました。

そんなすごいおじさんが私たちのさんぽ神となり、我々を導いてくれます。

まっちゃ
まっちゃ

このドロッセルマイヤーを元にしているかは不明です。

まとめ

みなさんも、ドロッセルマイヤーさんのさんぽ神が欲しくなってきたのではないでしょうか。

さんぽは年齢や性別にとらわれることもなく、どんな人でも楽しめる究極の趣味とも言えるでしょう。

定価880円(税込み)とリーズナブルな価格で購入できるので、気になる方はぜひ購入してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です